令和時代に流行るもの:ユーザ車検 ハーレー FLHR 2008 in 神奈川運輸支局

 

令和の時代になり、ますます庶民の生活は厳しくなる。自分でできることは、自分でやる方が、はるかに費用を節約することができるのだ。

今回は、少し前の出来事であるが、ハーレー FLHR 2008の車検を自分で通した経験を報告したい。いわゆるユーザー車検である。

 

 

ユーザー車検の通し方

バイクは2008年式 ハーレー FLHR ロードキング である。2年前に中古で購入。まだ走行距離5300Kmの低走行状態だが、それなりに古い。無事ユーザ車検できるかちょっと不安だったのである。

まずは、車検場の予約である。今回は神奈川運輸支局だ。全国どこでも、
自動車検査インターネット予約システム

 

ここから予約可能だ。

ただ2週間先までぐらいしか予約できない。

アカウント作って、予約するだけ。超簡単である。

日にちが決まったら、そこに向けて事前の準備である。

書類系は、基本的に

  • 車検証
  • 自動車税の納税証明書
  • 点検整備記録(ネットにあったシートで自己点検した結果)
  • 現在の自賠責保険証
  • 車検予約番号

ぐらいだ。

車体の準備も必須である。

一番多いのは、マフラーの純正戻しだろうか。
二人乗り登録ならシート戻し、タンデムバー・ベルト戻しも必要である。
ハンドル変えた場合は、車幅・車高のチェック。車検記載値と異なる場合は、通常の継続検査ではなく、構造等変更検査が必要になる。

ウィンカー、ブレーキランプ、クラクション、ハンドルロックなど、事前に確認しておくべきである。細かいチェックポイントはネットにいろいろ情報あるので調べてほしいのである。

光軸調整も必須だ。自分でもできるが、測定が面倒なので、今回は当日、まず車検場近くのテスター屋さんに行って、調整してもらったのだ。
ヨビケンという会社である。

神奈川運輸支局のすぐそばなので便利である。
初めて行ったのだが、近くまでバイクで行くと、光軸調整?って感じで手で合図してくれて、その検査コースに誘導してくれる。
直ちに機械で測定しながら光軸調整。その時間、わずか2分ほどである。

そこで一緒に自賠責の延長もできるので、それもお願いして、料金を支払う。
光軸検査は2500円(国産車なら2000円)
自賠責は13640円
であった。

あっという間に光軸調整と自賠責延長が終わったので、そのまま車検場へ。
神奈川運輸支局入口がこちら。

 

適当な場所にバイクをとめて、まずは③のビルに向かうのだ。


ここで必要な書類を入手。神奈川支局では、書類は購入する必要がなく、写真のような書類棚から自分で取る仕組みだったのだ。
車検種類ごとに必要な書類も異なるので、「継続検査」の青○のついた書類3種類を取る。
近くの窓口で印紙を購入する。
いくら買えばよいか聞いた方がよい。
今回は、
重量税 3800円
検査手数料 1700円だった。
必要な費用は基本的にこれですべてである。用紙と印紙を入手したら、事前に準備した書類(車検証など)もすべて持って②の建物に向かう。ここで検査の受付をするのである。

 
7番の窓口にいくと、書類の記載例があるので、おちついて記入。簡単である。
印紙も決められた場所に貼って、できればすべてを透明フォルダーに入れて、
7番窓口に提出。受付時間が決まっているので、予約時間にあわせて時間に窓口に行く必要がある。

そこで書類がすべてOKであれば、書類を返されるので、それを持って、実際の検査のために検査場に行く。
写真の矢印のところが二輪レーンなので、そこに並べばよいわけである。

このとき、書類をフォルダーに入れて、バイクのタンクにマグネットでつけておくと便利である。
検査中はずっとこの書類が必要なので、バッグから出し入れしていると不便である。
落ちないような強いマグネットを入手しておくとよいのである。
100均のマグネット壁掛けとかで十分である。

残念ながら検査での写真はないのだ。写真撮っている余裕もなく、あっという間に終了だ。
後ろに人が並ぶので、のんびり写真撮影している場合でもない。

順番がくると、係員の人が来るので、その人に書類を渡しながら、初めてのユーザ車検ですと告げた。
結果的に、その後、係員の人がすべて横に付き添ってくれてサポートしてくれた。
ほかの慣れた人はすべて自分でやっていたが。

なのでまったくトラブルなく検査を完了させることができた。遠慮なく、初めてであることを
告げてサポートしてもらうべきである。
神奈川運輸支局は、とても丁寧にサポートしてくれてとても助かったのである。

最初はバイクの外観をチェックする。
ウインカー、ブレーキランプ、ヘッドライト、ハイビーム、フォグランプをチェックされた。
ハンドルを変えていたのだが、車幅チェックなどはなかった。また、ハンドルロックの確認や
ハンドルを動かしての確認もなかった。これはケースバイケースで係員の人が判断して実施するのであろう

当然まったく問題なく、次の検査にバイクを前進させる。これ以降は、検査機器を使っての検査になる。

前の人が終わるのを待って、まずは右手にあるスピードセンサーが前輪か、後輪かを選ぶスイッチを押す。
ハーレーは後輪である。これを事前に調べておかないと、検査がスムーズに行かない。

センサーのある方で速度テストが実施される。

選択したあとに、バイクを進め、まずは前輪をローラーの上に乗せる。
前輪のブレーキテストだ。
機械の指示どおりに、Nにいれたり、ブレーキを握ったりする。付き添ってくれた係員の人も教えてくれる。
前輪ブレーキテストだが、ブレーキをかけるときは、前後共にかけるようにアドバイスされる。そうしないと
車体が動いてしまうそうだ。
掲示板にテスト結果の○が表示されたので、次のテストに。

ちょっと前進して、今度は後輪を同じローラーに乗せるだけ。
40Kmまで加速されるので、40Kmになったらフットスイッチを離すだけ。フットスイッチは、車体の左側の
床にある突起物である。
続いて後輪のブレーキテストだ。これも指示のとおりに前後のブレーキを同時に使った。
まったく問題なし。

少し前に進んで、光軸テストだ。
指定線の位置でバイクをとめ、ハイビームにした状態で測定結果を待つ。
さすがに事前調整済なので、問題なくパスである。

さらにちょっと前進させ、そこで排気ガス測定である。
これも本当は自分でやるのだろうが、係員さんが測定装置をマフラーに突っ込んでくれた。
自分はただバイクにまたがって、テスト終了を待っているだけであった。
OKになると、これですべて終了であった。

最後に検査結果を検査票に機械で書き込む。これを忘れてはいけないのだ。
一人の人は、バイクをおりて自分で機械を操作していたが、自分の場合はこれも係員さんがやってくれた。いたれりつくせりである。

係員さんが、検査ラインの済にある窓口に行ってくださいと言うので、バイクをラインの出口に停め、書類を持って行く。なにやらハンコをおしてくれた。これで完全に検査は終了である。

次はどうするのか聞いてみると、②のビルに戻れというので、バイクにのって戻る。

窓口6に書類を提出するのだ。
そこに専用のフォルダーがあるので、4種の書類を指定された順番に入れて、フォルダーを窓口に提出する。そのときに、番号カードをくれるので、それを持ってその場で待つのだ。
4種類の書類が何か、順番を写真にとるのを忘れたので、現場で確認してください。
今までに使った書類だけだから、ここで何か新しいものが必要になるわけではない。
簡単である。

番号を呼ばれたら、フォルダーを受け取り、中のものをすべて入手したら、フォルダーと番号カードを所定の場所に返却する。
この中のものに、新しい車検証や車検シールが含まれているので、確実に受け取るべきである。さあ、これで完全に車検終了!
あとは、バイクに戻って、シールを張り替えるなり、車検証をバイクに入れるなりして、
帰宅である!

書類入手からすべて完了まで、実質的には1時間程度の作業である。
なんとも簡単なものだ。
ちゃんと準備して(特に光軸調整)、書類もしっかりかけば(難しいものではない)、まったく問題なくできる。窓口や係員の人も、聞けばちゃんと教えてくれる。親切に向こうから次はxxx行ってください・・・などの指示はないので、わからなかったら、こちらから遠慮せずに聞けば良いのである。

整備は自分でちゃんとやるべきだし、場合によってはプロに見てもらうことも大事だが、それとは別に、車検を通すということだけのために、数万円の手数料を業者やディーラーに払うのはバカバカしくなる。実質的には、数分で終わるブレーキテストのために数万円だ。
こういうハイコストな仕組みが、長年放置されている国というのも、嫌になるが。

ただし、最近は整備なしで、いわゆるユーザ車検の代行をかなり安くやってくれるサービスもあるので、平日休みがとれない方や、自分で手間をかけるのが面倒な人は、検討してみると良いかも。結局自分の代わりにユーザ車検してくれるので、実質的には何も変わらない。
その代行費用として、1-2万円を払うのだが、時間と手間の節約と思えば、そう高い感じではない。

車検は安くパスさせても、その後にオイル交換、ブレーキパッド交換、マフラー戻しなど、結局業者に頼むなら、トータル費用はそんなに変わらんだろう。それぐらいだったら、整備も含めて業者に頼む方が面倒がなくてよい。

バイクの整備も基本的に自分でやる。必要な個所は定期的にプロにも見てもらう。
そういう基本整備をちゃんとする場合、車検だけは安くユーザ車検で通すというのが、良いのではないか。
簡単に車検はパスできるから、なにも整備・点検せずに乗り続けてしまう・・というのはまったくお勧めできないのである。

運転免許更新もそうだが、3年おきや2年おきに、こうやって莫大なコストをかけさせる。
そのお金で生きている事業者や役所が多くある。
そういう構造をより生産的なものに変えていくことが、日本という国はこれからできるるのだろうか?

是非、こちらの新サイトにも足をお運びください! 起業・投資・節約生活・海外移住で自立を目指すリアルタイムストーリー

最新情報をチェックしよう!
>新サイト「早期退職:3人家族の退職金生活」も是非一度お訪ねください!

新サイト「早期退職:3人家族の退職金生活」も是非一度お訪ねください!

終身雇用、退職金制度が崩壊しつつある今、早期退職して自らお金を稼ぎ生きていくことを目指すためのリアルタイム実践サイトです。様々な退職に関する情報も!

CTR IMG