65歳に定年延長。定年制度ってまだ必要?

以下、記事からの引用です。

信越化学工業が4月から定年年齢を現在の60歳から65歳に引き上げる方針であることが29日、分かった。社員が継続して働きやすい環境を整え、製造現場の熟練者などを確保するのが狙い。信越化学と一部のグループ企業の社員が対象。信越化学によると、65歳への定年の引き上げは化学大手では初めてという。

労働組合へ既に提案をしており、労使交渉を経て正式に決定する。60歳以降の給与は、59歳時点の80%程度を支給する。現行の再雇用制度では55%程度にとどまっていた。新たな制度で働く社員を「特任社員」と呼び、60歳以降も人事評価で昇級や昇格を実施する。

 

60歳で定年となり、その後同じ会社で再雇用するというのは、最近よく聞く制度だが、信越化学工業さんは、定年そのものを65歳に引き上げるという優しい会社のようだ。

再雇用だと、ここぞとばかりに年収を固定的に(定年前の収入によらずに)大幅引き下げするのが普通だが(年収400万とか350万円に)、ここでは定年前の80%程度を支給してくれるとのこと。

これだと、本当に定年が5年延長されたに等しいと言えるだろう。なんともうらやましい会社だ。それだけの事業利益もあげているのだろうが、人事施策としても時代の方向性とマッチしたものだ。

 

そもそもなんで60歳が定年なんだ?

確かに、昔の60歳はたしかにお爺ちゃんだった。平均寿命も75歳ぐらいだったはずで、そうなると、まあ、60歳になったら完全引退して、あとは悠々自適な隠居生活というのも理屈だ。それに、以前は60歳になれば年金がもらえて、それこそあくせく働く必要もなかったわけだ。

現在は、ご存じのとおり、60歳では年金ももらえない。ある意味、働くしかないのだ。寿命ものびたし、健康機運の高まりで、まだまだ60歳の人なんてバリバリだ。

さらに、人口減少で若年労働者はこれからどんどん減っていく。それに20歳そこらで、ろくに勉強も人生経験もせずに会社で新入社員として入ってきたって、まあ、しばらくは使えない。

こういう環境の中で、なんで60歳で定年というのが、いまだにまかり通っているのか?

もちろん、それは企業経営者にとって、都合がよいからだ。年功序列で増えた給料を、定年という区切りで大幅に減らせる理由になるからだ。

もうこの集団行動をやめろ!

新卒で一斉に入社し、60歳で一斉にやめる。元気だろうが、とっくにやる気をなくしてようが、優秀だろうが、無能だろうが、とにかく一律で片づけようとする人事制度はもう破たんしている。このまま続けたら、日本の競争力が衰退するだけだ。

60歳ぐらいになったら、もっと様々な働き方を用意するべきだ。それを各人が選択し、会社と交渉できる(握れる)ようにするべきだ。

まだまだ働きたい人で能力がある人は65歳まで働けばよい。

能力がない人は、その能力にみあった年収に落とすか、他に仕事を探すか。

少し自分に時間を使いたければ、もっと自由に時短勤務を選べるべきだ。

年齢で一律、性別で一律、税金は会社が一律徴収、学校はある年齢で一律に入学、卒業したらみな一律に就職、一律の洋服を着せて、一律の食事をとらせる・・・

日本は滅びる前に、この制度、文化を変えることができるのだろうか・・・・

それにしてもうちの会社・・・・時代に逆行した高年齢層一掃リストラ。悲しくなるのだ。

いいな、信越化学・・・・

是非、こちらの新サイトにも足をお運びください! 起業・投資・節約生活・海外移住で自立を目指すリアルタイムストーリー

最新情報をチェックしよう!
>新サイト「早期退職:3人家族の退職金生活」も是非一度お訪ねください!

新サイト「早期退職:3人家族の退職金生活」も是非一度お訪ねください!

終身雇用、退職金制度が崩壊しつつある今、早期退職して自らお金を稼ぎ生きていくことを目指すためのリアルタイム実践サイトです。様々な退職に関する情報も!

CTR IMG